トップページ > 対策の情報 > 餌を無くす

餌を無くす

野生動物が集落や農地にやってくるのは、餌を食べるためです。
人間にとっては、農作物を食べられると被害になりますが、食べられても困らない餌もたくさんあります。
食べられて困る農作物だけを守っていても、食べられても困らない餌があると、知らない間に野生動物を引き寄せてしまいます。

【食べられても困らない餌を少しでも減らす】
 (1) 収穫残さ:ハクサイやキャベツの外葉、取り残しのダイコンなど
 (2) 生ゴミ:土作りのために畑に撒く生ゴミなど
 (3) 放棄果樹:収穫せず放ったらかしの、カキやクリなど
 (4) ひこばえ:稲刈り後にはえてくるひこばえ、二番穂
 (5) 冬場の青草:冬場の山に青草がないときの、田んぼや畦に生える青草

食べられても困らない餌を少しでも減らすことが、「良い餌場で無くすこと」につながります。

資料

無意識の餌付けをなくす(PDF形式・613KB)



取り残しのハクサイの食害


放置されたカキの実


投棄された作物残さ


シカに食べられたひこばえ(枠の外)



トップページ > 対策の情報 > 餌を無くす